エアギター

フィンランド、オウルでエアギター世界選手権が開かれた。エアギターとは、音楽に合わせギターの弾きまねをするパフォーマンスのこと。 そこに参加したお笑いコンビ「ダイノジ」の大地洋輔さん(35) が2連覇を果たした。ちらっとニュースで映ったパフォーマンスがやた らと面白い。もっと見たい!と思ってYou Tubeで動画を探したらあった。

どこが世界選手権に2連覇するほどなのか、他のパフォーマーたちと比べて見た。視線から表情まで体全身で表現をする。同じことを何度も繰り返さない。完全にギタリストになりきる。徹底的にのめり込む。まるで自分が神かヒーローかのように振る舞う。思い当たる点はいくつかある。だけど、最終的には、人を楽しませる滑稽さにあるのではないかと思った。その点、さすがコメディアンだけあってユーモアのセンスは抜群だ。

何かに没頭するのは大切なことだが、はまり過ぎて抜けられなくなることもある。はまり過ぎるとただの怪しい人になってしまう。ユーモアのセンスを持っている人は、どこか冷静な視点も兼ね備えているので、人を安心させる。

大地さんは自分のブログで「何が何だかわかりませんがやりました」と報告。この無我夢中の状態がいい。自分はヨガ教師でもなく、ヨギでもなく、ただのToshiになりきれたらと思う。それもできるだけユーモアのセンスを忘れずに。さもないと、ただの怪しいおじさんになりそうだから。

  • LINEで送る

コメントをどうぞ