安全で平和な世界への共通意識

先祖から受け継いできた土地や家屋、文化や伝統、住み慣れた町並みや地域との繋がり、心をこめて育ててきた家族や親族との絆、それらすべてが、一瞬に失われることの苦痛は想像を絶する。3月11日に東北から関東を襲った大地震と津波は、人災とも言える原発の事故までも引き起こし、今も私たちの暮らしを脅かし続けている。一刻も早い援助がすべての必要とする人々に届くように、そして、原発事故が終息に向かうように願うばかりだ。
86年のチェルノブイリ原発事故の後、国内で反原発運動が広がり始めた時期があった。不安でいても立ってもいられず、自分も、当時、教えていたヨガクラスで署名を集め、家族そろって反原発デモに出かけた。日本の原発問題と触れる中、あてどもなく続く消費社会が生んだ環境、食、ゴミ処理などの根底的問題にも深く関わっているように思えた。

結果的に、反原発の人たちが憂いたことの多くが、今、現実となってしまったが、推進派も、エネルギー問題を解決するには、原発しかないと本気で思っていた。今、思えば、もう少し双方の歩み寄りができなかったのだろうかと思ってしまう。誰にとっても大切なことは、命や健康であり、安心できる暮らしなのだから。

今は、正確な情報が欲しい。自分が住む市でも水道水から何度か放射性ヨウ素もセシウムも検出された日があった。しかし、指標値を下回っていて健康に影響がないので今月からモニタリングが中止になってしまった。そもそも何を基準にどこまで安全なのか、政府も科学者も分かっていないように感じられる。

だからこそ、「安全です」とう言う報道ばかりでなく、もしかしたら「危険かもしれない」情報もしっかりと知らせて欲しい。それを知らされなければ、今、そして、将来に渡って私たちが責任を果たしていかなければならない負の遺産に対して、どう行動すればいいのかさえ見えてこない。

もう一つ。「日本には資源がない。だから、原子力に頼らなくてはならない」と言う発想から始まる行動はどこかで事態を複雑化させる。風力であれ、波力であれ、海に囲まれた自然豊かなこの島国にすでにあるもの、それを活かす発想から始める行動の方がわかり易い。そして、それを実現する可能性はあるはずだ。

今、地球上の人々が共に体験していることは「より安全で平和な世界の為には何が必要なのか」という根源的な課題に対する意識の広がりだろう。ヨガの実践で体験するように、そろそろ「私たちには、まだ何かが足りない」どいう妄想に捕われず、すでに起きていること、与えられているものを活かすという発想に転換して行く時期なのだと思う。

一日も早い復興というかけ声の裏で、この意識が掻き消されないようにしたい。自然環境や健康生活の為にも、そして、私たちの心の奥深くに蔓延する満たされてない心の安らぎの為にも。

  • LINEで送る

コメントをどうぞ