書籍「クリパルヨガ~ヨガの実践と人生へのガイド~」

「30年以上の驚異的な歴史にわたり、クリパルセンターは、ヨガの真髄と現代の西洋的ライフスタイルを両立させることに関しては先駆的な存在でした。この本はすべてのヨガ愛好家に、クリパルヨガとそのアプローチについてさらに多くを学ぶ機会を与えることでしょう」ジョン・アボット『ヨガジャーナル』誌 プレジデント


「クリパルヨガ ヨガの実践と人生へのガイド」

米国クリパルセンター発の待望の翻訳版

『クリパルヨガ ヨガの実践と人生へのガイド』

著:リチャード・フォールズ
監修:三浦徒志郎
本体価格 3,500円(税別)

内容紹介

クリパルセンター(Kripalu Center for Yoga & Health)は、北米最大のヨガとリトリートセンターで、毎年、あらゆる年齢、フィットネスレベル、体型の25,000人以上のゲストに、ポーズの完璧さよりも一人ひとりの成長を重視したアプローチで、穏やかで深みのあるヨガを紹介しています。

明解でわかりやすい実践ガイドブックでは、初心者から中級者のために、クリパルヨガの“プレスポイント”による的確なアライメントを取り上げ、上級者のためには、力強さや柔軟性の高まるポーズを幅広く集め、さらにクリパルヨガ独自の“動く瞑想”の体験をガイドしています。

ポーズ以上に、クリパルヨガは、身体の癒し、心理的成長、精神的覚醒へ向けた気づきとエネルギー的手法を数多く教えています。肉体の限界に対する対処法から体の知恵に基づいた食事法やライフスタイルの確立、そして深い集中やリラクセーションを生かした日常生活の変革など、ヨガの驚異的な効用を得るために必要なすべてを紹介しています。


監修者のことば

2003年3月、クリパルセンターでこの著者のリチャードのプログラムに参加していた時のことです。「今、書いている本なんだ、、、読んだら感想を聞かせて欲しい」そう言って手渡されたゲラ刷りの原稿がこの本との出会いでした。

それまでにあったクリパルヨガの本と言えば、ほとんどがインド人のグルによるものでした。「自分の身近にいるアメリカ人のヨガ教師の書いたクリパルの本ってどんなものだろう」とても興味を引かれました。

クリパルヨガと言っても、まだまだ、日本では馴染みがないヨガだと思います。しかし、日本人にはとても得るものの大きいヨガだと自分の体験を通して実感してきた私にとって、この翻訳本を出すことは長年の願いでした。

それから8年が経ち、たくさんの方々の協力を得てようやく出版できることになりました。この本を身近に置いて、末永くクリパルヨガと付き合っていただけたらこんなに嬉しいことはありません。(三浦徒志郎)

*書籍『クリパルヨガ』が翻訳されたことを受けて、著者であるリチャード・フォールズからメッセージをいただきました。

目次

パート1 体と呼吸への気づき
 第1章 今に存在する実践
 第2章 実践に命を吹き込む
 第3章 ストレッチと強化の融合
 第4章 エッジでの実践
 第5章 アライメントによる気づき
 第6章 リラクセーションによる回復
 第7章 実践の術

パート2 実践編

パート3 ヨガと健康
 第8章 健康の源に栄養を与える
 第9章 体の知恵にアクセスする
 第10章 問題箇所への対処

パート4 心理的・精神的な成長
 第11章 実践を深める
 第12章 プラーナ、生命力
 第13章 エネルギーの経路
 第14章 体と心を浄化する
 第15章 体験と覚醒
 第16章 人格形成
 第17章 心を開く
 第18章 感覚の波に乗る
 第19章 心を明晰にする
 第20章 目撃意識
 第21章 動く瞑想
 第22章 精神との生きた関係

パート5 実践の進化
 第23章 シークエンスをつくる