集中コース「クリパル・ステージ3」

参加者の声

ステージ3に参加して、ヨガは、本当に人生の学びだということを、実感しました。だから、技術やポーズより本当に大切なのは、あるがままに気づき、受け入れ、自分自身のプラーナに従うこと。それを重視するクリパルは、人生を味わい深く、そして揺るがない強さで歩んでいく学びなんだと実感することができました。
動く瞑想を体験できてよかったです。私にもできるんだと分かり、瞑想に近づけた気分です。本当の自分に気づいて、それを表現することは、私にとって、かなりハードルが高かったのですが、ステージの始めと終わりを比べてみると、それが少しできるようになったと思います。
このステージの場が、本当に開放と安心の場であったこと、そして、最高の仲間に会えたことに感謝しています。プログラムを体験する中で、迷いが生じたり混乱することもありました。でも、それも含めて自分自身であるとまず認めること、観察すること、そして、まだまだ出来てませんが手放すこと。また、自分の中に眠っていた本当の自分に出会えた気がします。「もっと素直に愛し愛されたい。すべては、愛から産まれる。ヨガは愛に満ち溢れている…」そんなことを実感できる本当にいい体験でした。これからもいろいろな迷いや混乱が起きてくることもあるかと思います。そんな時にどう在るべきか…生き方を教えてもいました。愛すること、生きることに感謝です。
ステージ1~3を続けて受けることができ、素晴らしい体験になりました。自分は自分であって、自分はたくさんの要素とつながりでできていることに改めて気づきました。ステージ1~3の体験はトランスフォーメーションを促しているようです。ステージ2が終わった時点で私は少し“クリパル熱”を冷ましたいと思っていたのですが、ステージ3が始まるころに思いがけない展開(YTTの受講を決意)になりました。トランスフォーメーションが起きようとしているとすれば、これは過程です。ステージが終わった今も気づきが日々止まることなく続いています。このような時間と場所をくださったToshiさんとMakikoさんに感謝します。
とにかく、体験したことのないことの連続で、毎回が驚きと学びの繰り返しでした。トシさんとアシスタントの方が見守っていてくれる安心感は、言葉では表せないくらい大きなものでした。とても大切で充実した時間を過ごすことができました。
ステージを1から3まで受けて、本当に勉強になりました。ヨガを学んでいるというよりも、どこかセラピーを受けている感じが強く、本来の自分を知ったり気づくようになってきたり、驚きの連続で毎回楽しく、また心が温かくなりました。プラーナの共有を体感し、温かい気持ちになると同時に、より少しずつ余分なものが剥がれ落ちていく感じがしました。
瞑想にゆっくりふれる時間があったおかげか、ステージ3の途中は、心の波が静かで、安定していたように思います。落ち着いて日常生活を送れました。普段の心は忙しく動きまわったいるんだな~心の調和を味わえたら私はどうなるんだろう…と、以前より心のコンディションを気にするようになりました。ステージを受けてから、私のヨガがやっとはじまったような気持ちになりました。クリパルヨガに出会えて本当によかった。一歩踏み込めてよかったです。
ヨガは、本当に人生の学びだということを、実感しました。本当に大切なのは、技術やポーズより、あるがままに気づき、受け入れ、自分自身のプラーナに従うこと。それを重視するクリパルは、人生を味わい深く、そして揺るがない強さで歩んでいくことの、まさに学びなんだと、ステージ3で実感することができました。ステージ1~3と味合わせていただき、クリパルが、ただアーサナで心身を鍛えるようなものとは全くレベルが異なる、ヨガの八支則、ヨガで本来学ぶべき、学びたいことを、これほどに伝えてくれるヨガなんだと、つくづくわかりました。本当にクリパルに出会ってよかったと思っています。