フェニックス・ライジング・ヨガセラピー・トレーニング

国際ヨガセラピスト協会(IAYT)認定
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー・トレーニング

ヨガセラピー・トレーニング

ABOUT

フェニックス・ライジング・ヨガセラピーとは

世の中を変えたいという情熱はあなたにもありますか?フェニックス・ライジング・ヨガセラピストとして、あなたは人々が自らの内面の知恵に具現的存在(embodied presence)と自己探求を通して調和する手助けをすることになります。伝統的なヨガの英知と、最先端の現代的ダイアログの技法を組み合せ、1986年の創設以来、私たちプラクティショナーは、多くの人たちが人生において肯定的な変化を起こし、力強く、より健康で健全でいる手助けをしてきました。

フェニックス・ライジング・ヨガセラピーのトレーニングでは、深い身体感覚が生じる「エッジ」へと安全に導く方法を学びます。その感覚に意識を集中させながら、ダイアログに入ります。体と心が出会うだけでなく、お互いに関わり合うこの場では、セラピストは体の知恵に耳を傾けるようクライアントを促します。判断や評価をせず、ただ聴くことをセラピストに促されることで、クライアントは「変えなくては」という感情を手放す勇気を持つでしょう。この深い受容と気づきが本人を開き、慢性的な痛みや苦痛、人生におけるストレスや不安として蓄積された感情や信念を、穏やかに解き放すファシリテーションが自然と生じてきます。

国際ヨガセラピスト協会(IAYT:International Association of Yoga Therapist)とは
ヨガセラピーのトレーニングを認定する米国の団体。フェニックス・ライジング・ヨガセラピーは、IAYTが最初に認定した10のトレーニングの一つで、長年の実績を持ったトレーニングとして、また、身体面に限定した他のヨガセラピーとは一線を画すアプローチとして評価されている。


LEVEL 1

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー・トレーニング・レベル1

必須資格:なしヨガセラピー・トレーニング

レベル1ではフェニックス・ライジング・ヨガセラピーの原則と実践を学びます。学びのほとんどは、ヨガセラピーのポーズでクライアントを実際どのようにアシストするのか、という技術を含め、体験的なものとなります。また、それぞれのポーズの形而上的重要性の理解や、変革のプロセスをサポートするための応用も学びます。

LEVEL 2

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー・トレーニング・レベル2

必須資格:レベル1修了ヨガセラピー・トレーニング

レベル2では、ダイアログ技法にフォーカスをおき、レベル1で学んだ技術をさらに磨きます。実際のプラクティス・セッションを通して、自身の成長をより深める機会となるでしょう。心身の意識を促すさまざまなダイアログのアプローチと、気づきを高めることでどのようにヨガセラピーの体験を深めるかを学びます。

LEVEL 3

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー・トレーニング・レベル3

必須資格:レベル1およびレベル2修了

ヨガセラピー・トレーニングレベル3は、フェニックス・ライジング・ヨガセラピーの資格プログラムにおける最終段階であり、最も包括的なプログラムです。12ヶ月に渡って、自宅で行われるプログラムに加え、2回の集中プログラムが行われます。キャリアを積んでいくのに必要な専門知識、体験、理解、自信を身につけます。受講生は自分自身の行動を観察する機会を与えられ、詳細な指導を受けます。このプログラムには、プラクティス・セッションと詳細なレポート、集中的なワークショップ、ヨガや心理学に関する書籍の読書、専門ビジネスとしての実践、そして論文が含まれています。



The yoga therapy components of our sessions/courses/training are based on Phoenix Rising Yoga Therapy, not derived from our status as a RYS with Yoga Alliance Registry.