フェニックス・ライジング・ヨガセラピーとは

ヨガとは、私たち一人ひとりの内に存在する知恵に触れることによって、自分の人生に対し責任を持ち、自立した生き方を示すものです。しかし、私たちのほとんどは、その知恵から何かを学ぶ代わりに、自分たちをそこから切り離し、逆に、自分以外の親や先生からのアドバイスに頼る生き方をします。それは、自分を信じられなかったり、人目を気にしたりすることと大きな関係があります。自分がどのように生きるかという重要な課題さえ、外からの要因に束縛されてしまうのです。

そのような、外に目を向けた生き方から、ヨガは、今一度、意識を自分の内側に向け、内面の知恵に耳を傾けることから始めます。ヨガというのは、自分の体験に基づいた、「内面からの気づき」を自己成長と学びの道具としているのです。そして、ヨガの神髄であるこの「内面からの気づき」を、クライアントが、より主体的に関われるように手助けしていくのがフェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)です。

ヨガ療法というと、クライアント(患者)の訴える症状に対してセラピスト(治療師)が最適なヨガのポーズや呼吸法などを作成して、クライアントにその改善を促す、というのが、今までの典型的な療法でした。こういったアプローチは、クライアントの身体的症状を除くにはいいのですが、症状の奥にある心理的な問題に関しては、ほとんど触れません。しかも、問題解決の手段や方法などに関しては、あくまでも、クライアントは受け身であり、セラピストに依存した関係が続きます。  

PRYTでは、クライアントにセッションのサポートをする者を「プラクティショナー」と呼びます。クライアントは、このプラクティショナーのサポートで、自分の体に意識を向けるように促されます。呼吸に注意を向けたり、体の中を観察することで、心身をリラックスさせ心を集中させるためです。その後も、いくつかのヨガのポーズを、プラクティショナーに補助されながら保っていきます。補助によって体の位置や姿勢は、すべてプラクティショナーの操作に任せます。それによって、クライアントは自らの努力や意図を手放し、肉体感覚や思いや感情などにダイレクトに触れられるからです。また、自らの内面で起きているプロセスにリラックスしながら委ね、冷静に、客観的に体験する主体者になれるのです。

ヨガのポーズは、補助されたまま、「エッジ」と呼ばれるぎりぎりの瀬戸際まで持っていきます。そこは、きつ過ぎもしないし、緩み過ぎもしない、ちょうどよいストレッチが得られるところです。このエッジに呼吸と意識を集中しながら、初心者では1~2分、体験者は5~10分、長い場合は20分位、同じポーズを保ちます。それによって、クライアントは肉体レベルだけでなく、心理的レベルにおいても、時には自分の限界とさえ感じられるようなエッジに立たされるのです。

そして、このエッジこそ、意識して生きてきた既知の世界と無意識の未知の世界との境界を象徴しているところなのです。エッジに止まり、心を静めていくと、無意識に抱え込んでいた心身の緊張が表面化し、内なるプラーナ(生命エネルギー)が流れ始めます。緊張を解放したり、自分の今まで生き方や、それとはまた違った生き方の可能性を発見するには、このエッジという空間が必要なのです。

また、ヨガの一つひとつのポーズは、それぞれ、特有な心理状態を象徴しています。例えば、コブラやバッタのポーズは「自信/勇気」などを意味し、魚のポーズや前屈のポーズは、「ゆだねること/手放すこと」などを意味します。各ヨガのポーズは、私たちの内面で、習慣化した行動パターンや、その背後にある信念や感情を、私たちの意識上に浮き彫りにしてくれます。思考や感情への固執や抑圧が長期間になれば、必然的にそれだけ大きな緊張となって生命力の流れを妨げていきます。ほとんどの肉体の歪みや病気の原因となる緊張はここにあるのです。PRYTでは、そのように習慣化し固定化した心理状態に伴なう緊張をエネルギーとして解放していきます。

PRYTのセッションにおいては、プラクティショナーとクライアントが言葉を交わすダイアログがあります。これは、クライアントが内面で起きている肉体感覚や気持ちに意識をさらに向けるために使われます。私たちの行動を無意識に支配している、様々な先入観や感情といった内面の状態に気づきが深まって来ると、肉体で起きていることと、思考、感情、そして魂との間に、密接な関係があることが理解されてきます。

最後に、クライアントはプラクティショナーに短い瞑想をリードしてもらいながら、肉体で経験したことと、実際の日常の人生で起きていることとを統合させる、インテグレーションというプロセスを経てセッションは終了します。

このPRYTのセッションを受けていくと、心身の奥に緊張として停滞していたエネルギーが自然治癒力として体内に流れ始め、心身の症状に何らかの変化が出てきます。時には、とても活力を感じたり、一時的には、多くの夢を見たりすることもあります。そして何よりも、クライアントが自分自身と正直に向き合うことで、人生に対し責任を持ち、自立していく大きなステップになります。

昨今、今までの押しつけられた生き方に疑問を持ち、もっと自分らしく意識を持って生きたいと願う人々が急激に増えています。それと同時に、周囲の人々や社会に合わせられなくなっている自分の体や心を異常視したり、それを一刻も早く修正することが必要なように思われている傾向もあります。しかし、ヨガは、そのような社会的・心理的現象を、善悪の評価対象とするのでなく、その奥にある真の問題を見つめることを教えてくれています。PRYTは、周囲に合わせて装ってきた仮の自分に気づき、あるがままの本当の自分を受入れ、そこから先の人生を、もっと正直に大切に生きていくためのものです。PRYTを受けるために、ヨガについての知識や体験は必要はありません。必要なのは、自分自身を正直に見つめる勇気と生命を尊び信頼する心です。