クリパルヨガとは?

クリパルヨガとは?

1

/

1

Life as it is

あるがままを大切に

今に学ぶ。現実に学ぶ。暮らしに生きるヨガ。

クリパルヨガは、インドのヨギ、スワミ・クリパル師の教えに基づいて、1960年代から米国で広まったヨガで、一人ひとりの体験を尊重すること、日常に応用しやすく、誰にでも安全に楽しめることが特徴です。完成されたポーズを目指すことよりも、内面で実際に起きていることを受け入れることを大切にしています。このため、自分への理解を深め、人との関係を改善するなど、セラピー的な要素があり、体だけでなく、心を大切にした暮らしを模索する人に静かな支持を集めています。

METHOD

ヨガを深める独自のメソッド

クリパルヨガの3つのステージ

ヨガは、体・心・精神に働きかけることで、これら3つの領域をバランスのとれた状態へ導いていきます。クリパルヨガでは、ヨガのプロセスを3つのステージに分類し、各ステージごとに体・心・精神に対してアプローチしていく独自のメソッドを用意しています。

クリパルヨガの3つのステージ

  • ステージ1 = 自分の意志でポーズをとる
  • ステージ2 = ポーズを保つことで生じる緊張に寄り添う
  • ステージ3 = 体の知恵に委ねて、ポーズの型を手放す

ヨガで日々の生活をより豊かに

クリパルヨガの3つのステージ

ヨガには、心身の緊張をほどき、リラックスさせる効果があるため、多くの人は気持ちよさを感じるでしょう。
クリパルヨガでは、ヨガの練習を通して、自分の内面に意識を向けていく練習を重ねます。このため、気持ちよさだけでなく、時には居心地の悪さや葛藤を感じることもあるでしょう。
これは、一般的にはネガティブに見える体験かもしれません。しかし、クリパルヨガでは、快も不快も全体の一つであり、その両面に触れることが成長につながると考えます。自分の内面で起きているあらゆる体験に向き合い、そこでリアルに起きていることを受け止めることで、次の新しい一歩が踏み出されるからです。

クリパルヨガの練習を続けていくと、マットの上での体験が、日常生活の出来事とつながっていることにも気づくでしょう。マットの上で自分と向き合うことが、日常生活における出来事との向き合い方に活かされるかもしれません。クリパルヨガを「人生をサポートするツール」として活用し、より豊かな生活を送ってくださることを願っています。

クリパルヨガは、人生の表面に触れるだけではない。
人生そのものを変容するほどの力があるのだ。
ヨギ・アムリット・デサイ(クリパルヨガ創始者)

ヨガのもつ癒しの可能性

クリパルヨガ ~自己探求の力を育む

クリパルヨガでは、ヨガのポーズをとるなかで、自分自身の可能性を最大に発揮できるところへ肉体を導いていきます。このギリギリの瀬戸際のところを「エッジ」と呼び、成長の最前線として位置づけています。ヨガの練習を通してエッジを探求し、自分自身の可能性を広げていきます。

クリパルヨガの3つのステージ

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー ~サポートされる関係の中で探求する

ヨガでポーズをとっているときのエッジと、人生において体験するエッジとの間には関係性があります。クリパルヨガから派生したフェニックス・ライジング・ヨガセラピーは、エッジへのアプローチを通して自己変革を促す心身療法です。パートナーにサポートしてもらうことで、他者との関係性を見つめ直すきっかけにもなり得ます。

FROM VOICE

現役生徒・卒業生が語るクリパルヨガの魅力

三宅千晶さん_切抜き
呼吸に意識を向けてヨガをすることで、身体と心が一体となることがとても気持ち良いです。
日常の慌ただしさに流されて、自分を大事にできなくなることが多々ありますが、
クリパルヨガをすると地に足がつき、自分自身でいられるようになります。
「こうでなくてはいけない」という規制がなく、身体が硬くてもできるので 歳をとっても続けられると思います。
三宅千晶さん 会社員

 

中島徹さん_切抜きクリパルヨガのクラスでは、教師の方によるメンタルな部分への言葉がけによって、
普段は意識しない心の癖に気がつくことがあります。
客観的に自分自身を観察し、受け入れることに繋がっているように思います。
クラス後は心身共に整えられた感覚があり、週1回程度通っています。
中島徹さん 会社員

 

田坂幸子さmん_切抜きヨガのレッスンが、他者との比較ではなく、自己と向き合うことに重きを置かれているので、
心身との対話の時間をもつことができます。
そのことによって、心身の変化を感じることができて面白いです。
田坂幸子さん 舞台演出家/セラピスト

 

クリパルを学ぶことで、自分について知ることができました。
人目を気にしたり、無理している自分に気づいて、そんな自分も許せた時、楽になりました。
今は、結果にとらわれず、自信をもって必要な選択ができる自分がいます。
30代女性 自由業
ヨガスタジオに通うのは初めてだったので、最初は緊張しました。
でも、通い続けるうちに、いつしか積極的になっている自分に気づきました。
今では週3-4回、通っています。
50代男性 自由業
ヨガの練習で体の感覚やフィーリングにフォーカスすることが、自分を受け入れる練習につながっているようです。
日々の変化や、心のざわつきがあっても、「それもありなんだ」と許容できる自分がいます。
自分自身の真の強さを感じられるようになりました。
30代女性 自然食品店員
目標と現実とのギャップに苦しんだこともありましたが、練習を重ねるなかで、
「たまには休んでもいい」ということも学んだし、自分が快適と思う地点を見つける助けにもなりました。
クリパルは、人生をもっとラクにしてくれるツールだと思います。
40代男性 サービス業